いろんな配置方法がある

>

好きな場所を選択できる

モチベーションを上げる

営業職が多い会社は、社員がデスクに向かって作業する機会が少ないと思います。
ですから敢えてデスクを置かないところが増えています。
代わりに大きなテーブルをいくつか用意して、そこで作業する決まりになっています。
そのような配置を、フリーアドレス式レイアウトと呼んでいます。
自分の席が決まっていないので、社員は毎日自由に席を変えられます。

今日はどこに座ろうか考えるのも楽しいですね。
周囲の風景が変わるので、毎日斬新な気持ちで働くことができます。
いろんな席に座って、お気に入りの場所を見つけるのもおすすめです。
フリーアドレス式レイアウトは、社員のモチベーションを高めることに効果を発揮します。
楽しく仕事ができる環境を作りましょう。

いろんな人と仲良くなれる

自由に席を決められるので、隣に座る人が毎日異なります。
同じ会社にいても仕事内容が異なると、まったくかかわったことがない人がいると思います。
そんな人と隣になったら、積極的に話しかけてみましょう。
もしかしたら、有益な情報を入手できるかもしれません。
他の部署の人の話を聞くと、参考にできる部分があるかもしれないのでお得です。

しかしフリーアドレス式レイアウトは、誰がどこにいるのか把握しにくいところがデメリットです。
社員がどこにいるのか、すぐわかる工夫が必要ですね。
また書類などをみんなで共用する場合は、わかりやすいところに置くことを徹底しましょう。
誰かが書類を放置すると、どこにあるのかわからなくなってしまいます。


この記事をシェアする