いろんな配置方法がある

>

同じ方向を向いて座ろう

デスクの向きを同じにしよう

すべてのデスクの向きを同じにさせる配置方法を、スクール式レイアウトと言います。
個人個人が作業する機会が多い会社にこの設置方法画おすすめです。
社員全体に伝えたいことがあれば、1番前に立って話せば良いので伝達しやすいメリットがあります。
社員1人1人に情報を伝えていると時間が無駄になってしまいます。
業務を効率化させるためには、すばやく情報が行き渡る状態を作ってください。

お客さんが来た時も、みんなが気づけます。
すると、お客さんを待たせることがないので安心ですね。
せっかくお客さんがきてくれたとしても、気づくのが遅いと放置させてしまいます。
失礼なので、みんながすぐに気づけるようスクール式レイアウトにしてください。

列を作るのが良い方法

スクール式レイアウトは、コミュニケーションを取りにくい配置方法になってしまいます。
社員がたくさんの人と関われるように、同じ作業をしている人を列にしてください。
仲間が近くにいると、困ったことがあってもすぐ相談できるので、作業が滞る心配がありません。
デメリットがあっても、工夫すれば解消できるので安心してください。

長い列を作ると、人が通る道が狭くなってしまいます。
出入りがしにくいとみんなのストレスになるので、通り道を広く確保することを意識してください。
ストレスを感じることは作業効率が低下する原因になります。
また配線用のスペースも確保してください。
敗戦処理をきちんとすることで、人が歩くスペースを広く確保できます。


この記事をシェアする