業務効率化のためにデスクのレイアウトを変えよう

いろんな配置方法がある

配置方法をたくさん知ろう

いくつかデスクを繋げて、島を作ってください。 それが対面式レイアウトと呼ばれています。 ただまったく仕事内容の異なる人同士のデスクを繋げると、お互いが作業の邪魔になってしまいます。 同じ仕事内容の人同士のデスクを繋げてください。 すると協力しやすくなります。

同じ方向を向いて座ろう

集中力を高めることで、作業のスピードが早くなります。 そこでおすすめの配置方法は、スクール式レイアウトです。 学校のように、デスクを同じ方向に向けて設置します。 人の視線が気にならないので、自分は作業に集中できるという仕組みです。 効率良く、仕事を進めましょう。

好きな場所を選択できる

フリーアドレス式レイアウトという方法があります。 他のレイアウトと異なり、個人のデスクを用意しないで、大きなテーブルとイスを設置します。 そして社員は、毎日好きな席に座ることができます。 毎日異なる席に座ることで、斬新な気分で働くことができます。

デスクの島を作るイメージ

たくさんの人と、仕事中にコミュニケーションを取ることが大事です。
困ったことがあれば相談することで、早く改善できます。
ですから対面式にして、デスクを設置するのがおすすめです。
デスクをいくつか繋げるので、作業スペースが広くなるというメリットもあります。
作業スペースが狭いと、滞ってしまうので気をつけてください。
同じ作業をしている人同士が向かい合っていれば、コミュニケーションを取りやすいので便利ですね。

集中力が持続する作業スペースを作りたいのであれば、スクール式にデスクを配置してください。
スクール式とは学校のように、デスクすべて同じ方向に向けて配置する方法です。
みんなの視線が気にならなくなるので、ずっと集中できると言われています。
ただこの向きは、コミュニケーションを取りにくい面がデメリットです。
積極的に皆が関われる、工夫をしましょう。

フリーアドレス式配置という方法も、最近取り入れる会社が多いです。
自分の席が決まっておらず、毎日好きなところを選択できる方法になります。
毎日異なる席に座ると景色も変わるので、気分転換になるでしょう。
気持ちを変えて、作業に集中して取り組んでください。
たくさんの人と関わる機会が増える面もメリットです。
これまで交流したことがない人から意見を聞くことで、有益な情報を教えてもらえるかも知れません。
さっそく、今後の仕事に活かしましょう。
するともっと作業を進めやすくなると思います。